開発ストーリー

なぜ餃子なのか、なぜヴィーガンなのか。


Q: なぜ餃子なのか?

A: ひとことで言えば、餃子に魅了されたから。

20年前から中国によく出張していた創業者の吉川は、会食で口にする食事の中で、
出張と外食つづきで疲れた身体を餃子にいやされた経験をもつ。
以来、出張のたびに餃子を探すのがライフワークとなり、会食では皆がおいしい餃子を紹介してくれるようになった。
すると、紹介する側にも発見があり、餃子のおもしろさが周囲にも伝わって、皆の餃子の見方が変わっていった。

餃子の1800年の歴史を紐解いてみると、まだまだ知らないことが多く、奥が深いことに気づく。
そこで、餃子の歴史を整理し、おいしさを分析し、人々が餃子に魅了される理由を解明するために、
「餃子を科学する」ことにした。それが私たちRepubli9 のはじまり。

餃子の写真を見ると食べたくなる。それはなぜなのか。餃子が好きな人たちは、餃子の何にひかれるのか。
餃子にぴったりの小麦粉は?水は?フライパンは?など、考えはじめると探究心が尽きない。
その一つひとつを私たちは解き明かしていく。
たかが餃子、されど餃子。餃子の旅ははじまったばかり。
ほら、餃子のことが知りたくなってきたでしょう?
これからをどうぞお楽しみに!


Q: なぜヴィーガンなのか?

A: 家族みなで囲む食事の時間は
とても大切。

Republi9 のチームの中には、子どもがベジタリアンの家庭がある。
その家庭では、友人家族を招いてのホームパーティでバーベキューをすると、子どもたちが充分に楽しめない。
そこで、好きなものを包んで焼ける餃子パーティをするようになった。

ひとくちにベジタリアン・ヴィーガンといってもその背景はさまざま。宗教的理由の人
もいれば、倫理・道徳的な思想で菜食を選択している人もいる。
そのどれもが尊重され、食が制約となることなく人と人とが餃子でつながり、おいしい笑顔としあわせで包まれる食卓が世界中にあふれたら。

Republi9 の記念すべき商品第1号は、そんな願いがこもった、できるだけシンプルで、
できるだけ多くの人に寄り添える餃子「東京ヴィーガン餃子」です。


東京ヴィーガン餃子の味の言語化

野菜・植物性たんぱく質
・炭水化物
をバランスよく
含んでいます。

国産の旬のキャベツと玉ねぎ、
畑の肉といわれる
大豆の良質なたんぱく質
つくった餡を、薄さを極めた
小麦の皮に包みました。

野菜 80%
やさしい味わいで、
そのままはもちろん、何にでも合う、
アレンジ自在な餃子です。

ニラ・にんにく不使用で、
医療従事者の方々、
接客業の方々でも
気にせず召し上がっていただけます。

味に深みをつけるために
味噌を使用しています。
アルコールフリーの餃子にするために、
酒精などのアルコール成分を
含まない
味噌
を使用しています。