商品情報

東京ヴィーガン餃子をおいしく食べるためのヒント

おいしい餃子の焼き方

おいしい東京ヴィーガン餃子の
焼き方(15個用)

パッケージには一般的な焼き方を掲載しましたが、
ここでは REPUBLI9 オススメの、
多めの油でカリッとしっかり焼き色をつける
焼き方をご紹介します!
お好みに合わせて調整してみてください。
油が気になる方は、蒸し餃子もとってもオススメ!

Step1

フライパンの底にまんべんなく行き渡るよう多めの油をひき、中火にかける。

Step2

餃子を冷凍のまま重ならないように並べ、薄いキツネ色がつくまで焼いたら、餃子が2mm程浸かる量の熱湯を注ぎ蓋をします(熱湯の目安 80cc)。

Step3

中火で3〜4分焼くと水分が無くなります(パチパチと乾いた音がしてきた時が目安です)。

Step4

蓋を取り、弱火にして蒸気を飛ばします(この時ごま油を少量たらすと一層風味が増します)。

出来上がり!

野菜だけでつくったヘルシーな東京ヴィーガン餃子の出来あがり。

おすすめレシピ

イチリンハナレ 齋藤シェフおすすめ

#1 東京ヴィーガン餃子の
酸辣湯(サンラータン)

夏らしい爽やかなトマトを使った
サンラータンと東京ヴィーガン餃子の
組み合わせのご提案です。
簡単ながら本格的な味わい、
酸味がクセになるオススメアレンジです。

酸辣湯(サンラータン)
シェフのワンポイントアドバイス
ご家庭で自然な旨みを出したいときにおすすめなのが、今回も使用した昆布茶!東京ヴィーガン餃子に味がついているので、食塩は1gで十分です◎

東京ヴィーガン餃子の
酸辣湯(2人前)

[材料]
・東京ヴィーガン餃子
6個
・レタス
30g(1/8玉程度)
・トマト
1/2個
・長ネギ
20g(10cm程度)
・水
350ml
A)昆布茶
2g
A)塩
1g
A)こしょう
少々
B)片栗粉
5g
B)水
10ml
・酢
10g
・ラー油
適量
[下準備]
  • ・レタスを一口大に手でちぎる。
  • ・トマトをくし切りに6等分する。皮を湯むきすると口当たりが◎
  • ・長ネギを斜めに薄くスライスする。
  • ・Bを合わせて水溶き片栗粉をつくる。
[作り方]
  1. 水を鍋に入れて中火にかけ、沸騰したら東京ヴィーガン餃子を冷凍のまま入れる。
  2. Aを入れて軽く混ぜ、1分ほど置いたら、レタス、トマト、長ネギを加える。
  3. 野菜に火が通ったら水溶き片栗粉を入れてすぐ混ぜ、とろみがついたら火を止めて、酢を加える。
  4. 器に盛り、適量のラー油をたらせばできあがり!
シェフのワンポイントアドバイス
ご家庭で自然な旨みを出したいときにおすすめなのが、今回も使用した昆布茶!東京ヴィーガン餃子に味がついているので、食塩は1gで十分です◎

素材と配合のこだわり

化学調味料を使わず、国産野菜などのすべてを
植物性の素材でつくったプラントベースの
野菜餃子は、
野菜のうま味やあま味のやさしい
栄養バランス抜群の餃子です。

成分表示

餃子100gあたり栄養成分

エネルギー
178kcal
炭水化物
18.9g
たんぱく質
5.5g
食塩相当量
0.9g
脂質
8.6g

原材料名

野菜(キャベツ、たまねぎ、しょうが)、植物油脂(大豆油、なたね油、ごま油)、粒状植物性たん白、糖蜜(てん菜とサトウキビを原料に作られた氷糖蜜)、でん粉、食塩、味噌、酵母エキス(パン酵母由来)、植物性調味料、香辛料、皮(小麦粉、植物性油脂、食塩)、(一部に小麦・大豆・ごまを含む)