東京ヴィーガン餃子のヤムウンセン風

9月に入りすっかり秋めいておりますが、今日は久しぶりに太陽も顔を出し清々しいお天気。今週は夏が戻ってきたり、雨が降ったりと忙しい空模様のようですね。夏が終わるのは寂しいような、秋になるのが楽しみなような、、皆さまはどの季節がお好きですか?

さて、本日も『新橋 すずめ』の山本シェフのレシピをご紹介します。
本来は春雨を使うヤムウンセンを東京ヴィーガン餃子に代えて、ナンプラーの香り、塩気、柑橘の酢を効かせた、温サラダ風のレシピです。

《東京ヴィーガン餃子のヤムウンセン風

【材料】東京ヴィーガン餃子10個分(ラップしてレンチン)

 A・・・和え野菜
 ・アーリーレッド 半分(薄切りにし、水にさらす)
 ・枝豆 30粒分くらい(塩ゆでして、むく)
 ・とうもろこし 3分の1本(皮付きのままレンジで2分20秒。包丁でむく)
 ・パクチー 1束 (葉っぱはちぎり、茎は包丁で1口大にカット)

  【ヤムウンセンのタレ】
・ヴィーガンナンプラー 50cc
・かぼす 1個 (皮は金おろしで擦李、果汁は絞る)
・てんさい糖 大さじ1
・粉チリペッパー 適量

 上記をボウルに入れ、ホイッパーなどでよく混ぜ合わせる。

【作り方】
 1. ヤムウンセンのタレを用意する。 
 
 2. 東京ヴィーガン餃子を500Wのレンジで5分程チンして、熱々のまま、タレの入ったボウルに入れ、軽く和える。皮が破れないように、優しく。
 
 3. Aの和え野菜も加えて、軽く混ぜ、お皿に盛って完成。


【教えてくれたのは】
『新橋 日本酒 おだしと、おさけ。すずめ』の店主:山本 直樹さん

  東京都港区新橋2-15-10 
  TEL:050-5353-0690   
     https://www.instagram.com/naokiyamamot0/


餃子と言えばまずは焼き餃子、ですが東京ヴィーガン餃子1.0は加熱済み冷凍なのでレンジで温めるだけでも召し上がっていただけます。
彩りも鮮やかなヤムウンセン風。オニオンスライスと東京ヴィーガン餃子がよく合います。是非お試しください!