【レシピ】献立の幅を広げるプロの知恵!東京ヴィーガン餃子の南蛮漬け

現在実施中のアンケートにご協力いただいたみなさん、ありがとうございました!

ご回答を見てみると普段お料理される頻度が高い方が多かったので、今日は東京ヴィーガン餃子の食べ方の幅がぐっと広がるプロのレシピをご紹介します。

教えてくださったのは「新橋日本酒居酒屋 おだしと、おさけ。すずめ」の店主 山本 直樹さん。

《 東京ヴィーガン餃子の南蛮漬け 》
【材料】
 東京ヴィーガン餃子 15個
 にんじん      2/3本
 たまねぎ      1個
 南蛮地 (A)
  出汁 360cc  薄口醤油 60cc
  酢 120cc   てんさい糖 大さじ1
  みりん 90cc  輪切り唐辛子 4かけ
【作り方】
 1. 東京ヴィーガン餃子を5分ほど180度の油で揚げる。
 2. 人参と玉ねぎを千切りにして、南蛮地 (A) の材料と一緒にひと沸かしする。
 3. 揚げたて東京ヴィーガン餃子を熱々の南蛮地に漬けてできあがり。

冷蔵庫で約3日保存できるので、何か別の揚げ物をするときに一緒に揚げて南蛮地に漬けておくと、つくり置きおかずにもなりますね!

山本さんのお店はこちら。

新橋日本酒居酒屋 おだしと、おさけ。すずめ
東京都港区新橋2-15-10
050-5353-0690

緊急事態宣言を受けて現在休業中ですが、再開後にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

東京ヴィーガン餃子は、みなさんが見つけたおいしい食べ方もご紹介していけたらと思っています。

自家製のこんなタレで食べたらおいしかったよ、こんなおかずにしてみたよ、など、ぜひお気軽に教えてください (*^^*)