ごはんと一緒に蒸らすだけ!蒸し餃子と彩り野菜のエスニックごはん

少し前まで10月なのに真夏日、なんて言っていたのが嘘のように一変、寒くなりましたね。秋が深まったというより、一気に冬になってしまったかのようです。
本日は温かく立ち上る湯気が恋しくなるこの季節にぴったりの、色とりどりのお野菜たくさんのあったか蒸しレシピをご紹介します


《蒸し餃子と彩り野菜のエスニックごはん

【材料】東京ヴィーガン餃子食べたいだけ​(2人分)
・米 1合(といでざるにあける)
・キャベツ 1枚(ざく切り)
・ブロッコリー 1/4株(食べやすく切る)
・にんじん 1/3本(うすぎり)
・プチトマト 3、4個(半分に切る)

〈ピリ辛ごまだれ〉
・白ねりごま 50g
・豆板醬 5g
・しょうゆ 5g
・酢 5g
・甘酒 30g
・水 15g

【作り方】
1. 米を土鍋か炊飯器に入れて普通に水加減して、いつも通りに炊く。

2. 炊き上がったら凍ったままの東京ヴィーガン餃子と野菜を並べ、もう一度蓋をして10分蒸らす。
*トマトなど、生のままが美味しい野菜は蒸らさない。

3. 平皿の中央にご飯を盛り、東京ヴィーガン餃子と野菜をまわりに彩りよく並べる。

 
4. ピリ辛ごまだれの材料を混ぜ、3の上にかけてどうぞ。

【教えてくれたのは】
  庄司いずみ先生

 野菜料理家。ヴィーガン料理のレシピを伝える著書は70冊以上。
 日本で初めてのヴィーガン料理専門スタジオ「庄司いずみ ベジタブル・クッキング・スタジオ」を主宰。
 かんぶつマエストロ、野菜ソムリエ、日本ベジタリアン学会会員。
 https://www.instagram.com/shoji_izumi/?hl=ja


庄司先生コメント:
アジアではごはんのまわりにおかずを並べ、一緒に食べるスタイルが人気です。たとえば、蒸し鶏とごはんを一緒に作って一緒に楽しむタイ風チキンライス、カオマンガイ。ごはんとおかずが彩りよく並ぶ、アジア風ワンプレートごはんは、気軽に作れる上、見た目にぎやか。さらに、おいしくて栄養満点なのが魅力です。
今回ご紹介したレシピでは野菜はこの他、もやしや白菜、玉ねぎ、ピーマンなど、冷蔵庫の在庫でも。きゅうりやレタスなど生野菜を添えるのもいいですね。写真では土鍋でご紹介していますが、炊飯器でも。
ピリ辛ごまだれは、焼き餃子にも合いますよ。ぜひお試しくださいね。

東京ヴィーガン餃子は製造工程で一度蒸してありますので中まで温まればOK。モリモリのお野菜も蒸すと体を冷やす事もなくピリ辛ごまだれでパクパク食べられます。しかも油を使わずとってもヘルシーな蒸しごはん。是非お試しください!